インフルブロックのどあめ

インフルエンザ2015-2016情報

2015・2016年のインフルエンザに関する情報をピックアップしてご紹介しています。予防接種、ワクチン、症状、対策に関する情報などあらゆるインフルエンザ関連情報をピックアップしていきます。

インフルブロックのどあめがインフルエンザ予防に効果があると言われているのをご存知ですか?インフルブロックのどあめは中華料理の高級食材としてお馴染みの燕の巣を使ったのどあめです。

ミルミールから販売されているインフルブロックのどあめは1袋2,700円です。高級食材の燕の巣を使っているというだけあってのど飴としてはかなり高級なものですが、大学の教授がインフルエンザ予防に効果があると述べていますし、芸能人ではタッキーが愛用していたり有名スポーツ選手などが愛用したりしていてプロフェッショナルな人達の間では定番のものになっているようです。





インフルブロックのどあめには燕の巣が使われているのですが、この中に燕の唾液に含まれれるシアル酸という成分が含まれています。このシアル酸はウイルスやばい菌の侵入を防ぐ機能があると言われていて、インフルブロックのどあめにはシアル酸がたっぷりと含まれています。(燕の唾液には人間の1,600倍ものシアル酸が含まれていると言われています。)

このシアル酸がたっぷりと含まれているインフルブロックのどあめを舐めることで喉の奥までシアル酸が行き届きインフルエンザ予防の効果が高くなるというわけです。

インフルエンザ予防で最も大事なことはインフルエンザウイルスが体内に侵入しないようにすることです。インフルエンザウイルスの侵入経路は口からですがインフルブロックのどあめを舐めることで口の中や喉がシアル酸で覆われます。これによりインフルエンザウイルスの侵入を防いでくれます。マスクと併用することでより高いインフルエンザ予防効果を発揮してくれるんじゃないでしょうか。